2017年8月のダイビング事故まとめ

e8403f23a5ef6f6a2df47def9e022f5d 300x175 - 2017年8月のダイビング事故まとめ
例年になくダイビングの事故のニュースがよく聞いた気がする2017年8月のダイビング事故(ニュースになったもの)をまとめました。

2017年8月のダイビング事故ニュース記事8件

8/5、静岡県伊東市でダイビング、男性(55歳)が死亡
♯東京・練馬区の男性死亡 伊東の海岸、ダイビング中(2017/8/5 18:55)
5日午前10時40分ごろ、伊東市宇佐美の留田海岸で、東京都練馬区の自営業男性(55)がダイビング中に意識を失い、搬送先の病院で死亡した。伊東署によると、男性は同日朝から友人2人と海に入り、途中ではぐれたという。男性インストラクターが、岸から約5メートルの海面に浮いている男性を発見した。同署が死因を調べている。
8bce9974ccdfb810e253c23fcbedbda4 300x206 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

8/11、静岡県伊東市でダイビング、女性(62歳)が死亡
海でダイビング中に死亡=埼玉の62歳女性-静岡
11日午後0時50分ごろ、静岡県伊東市新井の沖合で「ダイビング中に意識がなくなった」と119番があった。県警伊東署などによると、埼玉県本庄市のパート従業員宮本芳子さん(62)が心肺停止状態で病院に運ばれたが、死亡が確認された。同署が事故原因を調べている。
同署によると、宮本さんはインストラクターら4人と船で沖合に出て、ダイビングをしていた。海中でトラブルを示すジェスチャーを始め、インストラクターが船に引き上げたが意識不明の状態だった。現場は沖合約1キロ、水深約5メートルの海中。波は約1メートルの高さで、海は荒れていなかったという。宮本さんは、友人と2人でダイビングツアーに参加していた。
697f7740b4da573d7c292e1fe993508c 300x180 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

おなじく8/11、高知県大月町でダイビング、女性(71歳)が死亡
ダイビングの71歳死亡=高知
11日午前10時半ごろ、高知県大月町柏島沖で「ダイバーが溺れ、心肺停止状態だ」と110番があった。ダイバーは大阪府寝屋川市の無職壇美知子さん(71)で町内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。
海でダイビング中に死亡=埼玉の62歳女性-静岡
宿毛海上保安署によると、壇さんは午前9時すぎから柏島の北東約150メートルの海でダイビングをしていた。同10時すぎ、壇さんが潮に流されているのを一緒に潜っていた夫とインストラクターが発見した。現場付近の水深は約10メートルで、海は荒れていなかった。同署によると、壇さんはダイビング歴約20年だった。
0ef668da1b7ee87c6d066e08fd050c07 300x152 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

おなじく8/11、鹿児島・薩摩硫黄島でダイビング中、女性(37歳)が死亡
ダイビング中の女性死亡 鹿児島・薩摩硫黄島
11日午後3時15分ごろ、鹿児島県三島村の薩摩硫黄島で、ダイビングをしていた北九州市小倉北区の女性(37)が溺れたと118番があった。救助されたが、病院で死亡が確認された。
鹿児島海上保安部によると、午後2時15分ごろ、ダイビング中に行方不明となった。他のダイバーが海中に沈んでいるのを見つけ引き上げたが、心肺停止の状態だった。
795e55c71daca3eadf20ba4852cee3ae 300x168 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

8/13、鹿児島県薩摩川内市でダイビング、男性(76歳)が死亡
ダイビング中の男性が死亡 海底で見つかる 鹿児島
13日午後3時20分ごろ、鹿児島県薩摩川内市の鷹島沖で、スキューバダイビングをしていた熊本市中央区の冠婚葬祭会社会長、安田征史さん(76)が行方不明になった。串木野海上保安部が午後6時20分過ぎ、海底で心肺停止状態の安田さんを見つけ、病院に搬送したが、約2時間40分後に死亡が確認された。
山口県周南市大津島の西側海岸では13日夕、山口県防府市上右田の会社員石丸稔人さん(30)が波打ち際で浮いているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。徳山海上保安部によると、石丸さんはシュノーケリング中だった。
3b14a85c11e2f09816157424482568d6 300x280 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

8/14、高松市庵治町でダイビング、女性(71歳)が死亡
ダイビングの女性死亡=高松
14日午後1時ごろ、高松市庵治町のキャンプ場の管理人から「沖合でダイビングをしていた女性が行方不明になった」と通報があった。約1時間後、水上オートバイが心肺停止状態の女性を発見。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。
ダイビングの71歳死亡=高知
高松海上保安部によると、死亡したのは高松市塩上町、医療機関事務員木川裕美さん(37)。男女4人でキャンプ場を訪れ、午後0時25分ごろからダイビングを始めたが、浜に戻る途中で空気を吸う「レギュレーター」が口から外れ、パニック状態になった。一緒に潜っていた男性が助けようとしたが、海中に沈んで行方が分からなくなったという。
2303cf08b0cb6508bc5f784423c14c8e 300x125 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

8/26、和歌山県串本町でダイビング、男性(71歳)が意識不明
海でダイビングの男性 意識不明 和歌山
8月26日 18時46分
26日、和歌山県串本町の海でダイビングをしていた38歳の男性の容体が悪くなり、病院に運ばれましたが意識不明の重体になっています。
26日午前9時半ごろ、和歌山県串本町の潮岬からおよそ900メートルの海で、ダイビングをしていた大阪・堺市の会社役員、知野英敏さん(38)の様子がおかしいことに、一緒に潜っていたインストラクターが気付きました。
串本海上保安署によりますと、知野さんはすぐにボートに引き上げられ、病院に運ばれましたが意識不明の重体だということです。
知野さんは午前9時ごろから妻と友人、それにインストラクターの合わせて4人でダイビングをしていましたが、水深18メートルまで潜って海面に浮上したあと、急に容体が悪くなったということです。潜るまでは体調などに異変は見られなかったということで、海上保安署が当時の状況を詳しく調べています。
a2553062d27da6f691fc043b23c5d12f 300x225 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

8/26、鹿児島県種子島でダイビング、男性(19歳)が死亡
ダイビング中の東大生が死亡 種子島沖
26日午前11時5分ごろ、鹿児島県西之表市国上の沖で、ダイビングをしていた東京都世田谷区の東大2年永田義信さん(19)が水深2メートルの海底に沈んでいるのをインストラクターが見つけ、引き揚げたが、死亡が確認された。種子島海上保安署によると、学生4人とインストラクター2人が海岸から約150メートル沖まで行って戻る途中で、学生1人とインストラクター1人が遅れたため、もう1人のインストラクターが様子を見に行き、戻ったところ永田さんが沈んでいた。市によると、農業などを学ぶ東大の体験活動に学生10人が17日から参加。26日は休みで、永田さんは友人とダイビングに来ていた。
d6f1647b01591dff12aa299ebf01a560 277x300 - 2017年8月のダイビング事故まとめ

ダイビング事故から学ぶこと

▼ダイビングのサイト『オーシャナ』編集長のツイート


種子島の東大生、水深2メートル溺死はかなり話題になりました。これは完全な想像ですがビーチエントリーでエギジットの際に運悪く転んでしまってタンク等重いのでそのまま溺死をしてしまったのかなあと考えています。
また、高齢者の事故も目につきます。
まず70歳以上のダイビングというのは、許可しているショップと一切受け入れていないショップなどもあります。60歳以上は医師の診断をダイビングの際に提出するようにお願いしているショップもあります。
今回事故が起こったダイビングショップが診断書をもらって潜ることをOKしていたのかどうかはわかりませんが、お年寄りの場合は、ダイビングの際原因不明の意識不明がまれに起こり死亡事故につながります。原因不明なので防ぐには潜らせないことしかありません。
ですがダイビングする際の健康チェック同意書はひとつでも悪いところがあったら潜らせないというのが建前なショップが私もこれまで多々見てきました。
ですが、ダイバーは自分の身は自分で守ることが鉄則ですから、ライセンスを取った時点である程度の自身の健康管理とダイビングの危機意識を持つべきです。

ダイビングショップも事故を起こしたくて起きているわけではないので非常に痛ましいことではありますが、8月は繁忙期とあって、閑散期であれば目が届いて防げた事故もあった可能性もあります。
ダイバーはお客様ですが、最終的にダイバー自身の身は自分で守ること、バディシステムを徹底させること。などなど基本的な危機管理が最も大切です。

よかったらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です